警備業とは

警備業は、「警備業法」という法律に基づき、社会の「安全・安心」を担う生活安全産業として、警備会社が街や暮らしの安全・安心を提供する重要な事業です。

警備会社は、顧客との契約により、お客様の生命・身体・財産などが侵害されないように、事件や事故の発生を警戒・防止する社会的責任の重い、やりがいのある仕事です。この仕事を担うのが警備員であります。

m001

仕事の種類

1号警備業務

施設警備業務・巡回警備業務・保安警備業務・機械警備業務 ・空港保安警備業務

オフィスビルや銀行、住宅や公共施設等の対象施設における盗難や事故の発生を警戒・防止する業務です

2号警備業務

交通誘導警備業務・雑踏警備業務

祭礼や花火大会などのイベント等によって混雑する場所での雑踏整理、道路工事やビルの建設現場周辺での人や車の誘導を行い、事故等の発生を警戒・防止する業務です。

3号警備業務

貴重品運搬警備業務・核燃料物質等危険物運搬警備業務

現金、貴金属、美術品等の貴重品又は核燃料物質などの危険物を運搬する際に、盗難や事故の発生を警戒・防止する業務です。

4号警備業務

身辺警備業務

人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒・防止する業務です。
一般的に「ボディーガード」と呼ばれている業務です。

m001